<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

| COMMENT | ENTRY | CATEGORY | LINK | TRACKBACK | ARCHIVE |

「あなたの難病は僕が治す!」 1(掌蹠膿疱症)

「難病に苦しみ、毎日泣き暮らしている人々を、一人でも多く、

 わたしの力で救ってあげたい。心からそう思っています。」

 

こんばんは。
大阪市・前谷耳鼻咽喉科の院長です。


朝晩少し涼しくなって来たとは言え、
やはり昼間は連日30度を超える日が続きます。
皆様は、健やかにお過ごしでしょうか?

僕は多少ましにはなりましたが、
やはりずっと夏バテのまま、
ヘトヘトになって毎日を過ごしています(^_^;


さて今回は、僕が医師としての自分の使命と感じている、
ライフワークとしての難病治療の症例について語りたいと思います。

 

今まで遠方から当院に定期的に通われている患者さんとしては、
大阪市外が多く、泉南、奈良、兵庫県の大阪近郊の方が時々で、
最も遠い人で淡路島から来られている人がいらっしゃいましたが、
7月初めからとうとう、中部地方の方が新幹線で来られるようになりました。

 

この方は掌蹠膿疱症と骨関節症の男性の方で、
数年前から、両手両足に皮膚症状が出現し、
次いで、胸骨と頸椎と腰が痛くなり、特に胸骨と腰の痛みが酷いとの事。
はるばる遠く離れた当院に新幹線で来られるまでには、
相当な紆余曲折と困難があったことと思われます。

 

早速診せて頂きましたが、手足を一目見て息を呑みました。
両手両足とも、裏は真っ赤っ赤のジュクジュクの水虫みたいで、
これ以上ないほどひどい状態。
手の爪も真っ白になって変形していました。

 

その他の耳鼻科的な診察と検査をしてから、十分な説明をし、
いつものように、ISCMテクニックを中心とした、
丁寧な治療と、いろいろ工夫をした投薬をしました。

(これを全体として、「アイドックス療法」といいます。)

 

そしてまたいつものように、
「少しでも良くなるように、最大限の治療をしますが、
基本的にはダメで元々。少しでも良くなったら儲けものと思っていて下さい。」
と言って、帰宅してもらいましたが、

なにしろ、手足がひどい状態。

骨関節の症状も広範囲に及び、痛みも強い。

果たしていつものように治癒まで持って行けるのか?
ダメ元とは言え、新幹線に乗ってまで私を頼って来た方に、
少しでも良くなって欲しいと、祈る思いでした。
そして本来、治療効果を考えると、
近くの方であれば1週間に2回は通ってもらうところなのですが、
さすがに次回は1週間後となりました。

 

さて1週間後、やはり祈る思いでまず手のひらを見たところ、
本人はあまり変わりがないと思っているようでしたが、
僕から見るとジュクジュクも赤みも少しましでした。
その他、足の裏と骨関節の痛みは変わりませんでしたが、
僕はこれで、少し手応えを掴みました。
それで、「いい傾向ですから、頑張って通ってくださいね!」
と励まして帰宅してもらいました。

 

さてまた1週間後、また手のひらを見せてもらいました。
あれほどのジュクジュクがなくなり、赤みも減って格段にきれいになっています。
今度はさすがに本人もよくなっていると思っているようでした。
そして、足はまだ真っ赤っ赤でしたが、ジュクジュクは少しましでした。
骨関節の痛みはまだ変わらず。

 

また1週間後、手のひらは更に赤みがなくなり、すっかり乾いてしまいました。
足も更に乾き、前半の赤みが少しましになってきました。
骨関節の痛みは変わりません。

 

また1週間後、手は全体に赤いだけになりました。
爪もかなりましです。
足はすっかり乾燥し、赤みも前半はかなりまし、
後半も少しましになってきました。
骨関節の痛みは変わりません。

 

また1週間後、手の赤みはさらに少なくなり、
足も前半は赤みが少しだけ、後半もかなりましになってきました。
更にこの頃からとうとう、胸骨の痛みが少なくなってきました。

 

また1週間後、手の赤みは言われないと分からない程になりました。
足も前半はほぼ正常化。
後半の赤みも少しだけになりました。
骨関節の痛みも、胸骨と、腰は、時々痛いだけになりました。
頸椎の痛みは変わりませんが、本人曰く、スマホの使い過ぎもあるかもと。

 

また1週間後、手の赤みは更に軽く、
足も前半は正常。
後半もさらにまし。
胸骨と腰の痛みもほぼなくなり、
頸椎の痛みは変わらず。
やはりスマホのせいか?w

 

そしてまた1週間。
初めて当院を訪れてから、先日で丸2か月目を迎えました。

現段階で手はよく見ても正常と変わらず、ほぼ100%治りました。
足は少しだけ後半が赤く、90%治癒。
骨関節は、とうとう頸椎の痛みもなくなり、
胸骨、腰の痛みも相変わらず無いので、100%治りました。

 

遠方からわざわざ新幹線で熱心に通われる患者さんに、
ダメ元とは言え、責任とプレッシャーを感じ、
少しでも治って欲しいという強い思いを抱きながら、
治療に当たらせて頂きましたが、
2か月でほぼ完全に結果を出すことが出来ました。


患者さんと、治療に当たる医師としての私、
双方にとってベストの結果に終わり、本当にほっとしています。

 

今回は全体に症状が激しかった為、治療に時間が掛かった方(ほう)です。
一般的に、手足の症状がひどいほど、時間が掛かる印象があります。
肩の痛みと手が少し赤いだけならば、一回の治療で痛みが取れて、
その後数回来られたら、そのまま来なくなる人もおられます。


そして、当院を訪ねて来られた患者さんで、治癒かほぼ治癒まで
持って行けなかった患者さんは今のところおられません。

 

とは言え、やはり難病ですから、これからも慢心はせず、
「ダメ元で」と言いながら、決して気を抜くことなく、
来られた患者さんにベストを尽くす姿勢を崩すことなく、
治療に当たって行きます。

 

まだまだ多くの難病の患者さんを治してあげたいと願っています。
ダメ元精神で、どうぞお越しになって下さい。
少しでも良くなるように、全力で頑張りますから。
またお知り合いで、お困りの方がおられましたら、
是非、当院の事を教えて頂きますようお願い致します。

 


まだまだ日中暑い日が続きます。
どうぞ、ご自愛ください。
そして、少しでも体調を崩された場合は
当院をお訪ねくだされば、
もとの健やかな生活に戻れるよう、全力で治療させて頂きます。

 

 

 

※私の治療法はありふれたBスポット療法やよくあるビオチン服用でなく、
 疾患の根源にまで遡った、根本的な治療法です。
 長年の臨床研究で私が突き止めた「AIDOX」という疾病概念のもと、
 やはり私自身が開発した「ISCM」テクニックを中心にして、
 薬学知識も総動員して、効果的に集学的な独自の治療を行っていきます。

 (これを全体として「アイドックス療法」といいます。)
 ただし当たり前の事ですが、個人の体質、個々の病歴等が違いますので、
 その効果にも個人差がある事はどうぞご了承下さい。

 

※「お近くの方はもちろん、たとえ遠くても頑張って来て下さい!

  それはきっと、きっと、人生の中でも価値のある素晴らしい時間に

  なると思います。」

  (現在当院には近畿一円はもとより、このブログに書いた中部地方より

  もっと遠くの九州地方からも患者様が来院されています。)

 

※この疾患の診療には、受診にあたりお伝えしたいことがありますので、

 来院前に必ずお電話して頂けますようお願い致します。

 

 

 

※「当院を受診された患者様のブログ」

 (16年間苦しんでいた痛みが、初診日1回の治療で無くなった方です。)

 

掌蹠膿疱症骨関節炎闘病記」

 http://ameblo.jp/forward-with-hope/entry-12065838406.html

 (リンクされていましたので貼らせて頂きました。

 ご迷惑の場合はコメントをお願い致します。)

 

 

※「私がいかにして、この疾患の原因を究明し、治療法の確立に至ったか」

 (当院ブログ「季節の中で」より)
 

 皮膚疾患と耳鼻咽喉科・・・(掌蹠膿疱症(性骨関節炎)、IgA腎症、

 アトピー性皮膚炎について)

   http://maetani-clnc.jugem.jp/?eid=13

 

 

※「私がどうして、この難病に対する治療を自分の使命と確信したか?」

 (当ブログ「季節の中で」より) 

 

 「医師として。人として。」・・・使命としての難病治療

 http://maetani-clnc.jugem.jp/?eid=23

 

 2017年、年頭のご挨拶・・・転機となった昨年を振り返って

 http://maetani-clnc.jugem.jp/?eid=25

 

 

※当院の掌蹠膿疱症専門サイト(治療症例・写真呈示)

 

 「あなたの難病はわたしが治す!」

 https://maetani-clinic-shosekinouhou.jimdo.com/

 (症例写真がありますので、是非ご覧下さい。)

 

 

大阪市此花区 前谷耳鼻咽喉科・院長  [此花区伝法1−3−17(スーパー・マルナカ西隣)] (当院HP http://www.maetani-clinic.com/) (不許複製 著作権は当院院長にあり、ブログ記事の一部または全部のコピーはすべて禁止致します。) * 2016年夏 * 00:45 * comments(0) * - ▲page-top

今年の花粉症概観と根本的治療・・・舌下免疫療法のすすめ 2

こんばんは、院長です。

 

台風10号が去って、2日ほどは涼しい日があったものの、
また蒸し暑い夏がぶり返した感じで、
また大変暑い日が戻ってきて、げんなりしています。


皆様は、体調お変わりなく過ごされていますでしょうか?

 


さて前回花粉症の根本治療について書き始めたところで、
ブログがとても長くなってしまい、
一旦筆を置いたのでした。

 

前回書いたように、
アレルギーの原因はその原因となる物質(アレルゲン)と、
その人の体との相性です。


そして従来の治療法は、この根本原因には手を付けず、
症状の発症を抑える、薬物療法が主でした。

 

そして、新しい治療法、舌下免疫療法とは、
この、根本的な原因である、
アレルゲンと体との相性を改善する治療法なのです。

 

実はこれまでも、相性を改善する治療法がなかった訳ではありません。
減感作療法と呼ばれ、注射によって治療する方法はあったのです。
しかし実は、耳鼻咽喉科医の間でも、それほど普及していませんでした。

 

一つの理由は、初めは週に1,2回、しばらく経ったら月に1回、
皮下注射に通院しなければならず、これを1,2年続ける必要があるのです。


ずっと注射を続けなければならないというだけでもハードルは高いですね。

 

もう一つの理由は、アナフィラキシーショックの問題です。
何度も言うように、アレルゲンは元々、体との相性が悪い物質ですから、
減感作療法で注射する場合でも、出来るだけショックを起こさないように、

初めは濃度の薄いものから、徐々に濃いものへと変えて行って、

最後に維持濃度にして行きます。


ところが、従来の注射による方法ではどうしても、
アナフィラキシーショックを起こす確率が高めだったのです。


注射による薬剤投与の場合、高い濃度の薬剤を直接体内に入れられます。
従って、薬の効力を高める事が出来ます。
ところがその反面、同時に薬液に対する体の反応が強く出てしまい、
それが時には過激な反応となってしまって、体が制御不能なショック、
即ち、アナフィラキシーショックを起こして、
特に呼吸、循環を中心に急激な機能低下を起こしてしまうのです。


こういった二つの理由で、これまで注射による治療法はあまり普及して
こなかったのです。


ところが最近この、注射による治療法の欠点を、
口腔内に舌下することによって補う方法が開発されました。
それがこの、舌下免疫療法なのです。


改良点の第一はまず、利便性です。
基本的には家庭で服用するものなので、
舌下液の濃度を徐々に上げて行くために、
初めは月に3回通院しなければならないものの、
維持量になってからは、月に1,2回薬液をとりに行くだけで済むのです。

 

 

改良点の第2は、何と言っても安全性です。
注射とは違って、薬液がダイレクトに体内に入るのではなく、
舌下に含んだ後、それからゆっくりと吸収されますので、
薬液に対する体の反応も、やはりマイルドになりやすいのです。


実際、注射による方法と比較して、遥かにショックを起こしにくい、
という統計結果が出ています。

 

このように、二つの大きな欠点が改良されたことにより、
医師の側も、ある程度安心して患者さんに勧められる
治療法となったのです。

 

このようにして出来た治療法ですが、
いくつか問題点がない訳ではありません。


1つは、毎日の服用を3年から5年続けなければなりません。
かなり根気がいります。


次に、軽微な副作用がない訳ではなく、
またショックは少ないとはいえ、全くないとは言い切れませんので、
そういう場合の対処法への理解が必要であり、
細かい服用法への理解、服用を中止した方がいい場合、
服用法を間違えた場合どうするか、などについてきちんと理解
している必要があります。

 

 

このように、舌下免疫療法にはまだ、ハードルがない訳ではありませんが、
アレルギーを解決する、根本的な治療法としては画期的であり、
スギ花粉の花粉症について本当に困っている人ならば、
十分検討する価値のある治療法だと思います。

 

 

前回ブログでも書いたように、毎年スギ花粉症がひどかった人で、
去年、今年と症状がほとんど出なかった人でも、
それは2年続けて花粉量が少なかった為ですから、
まだ来年の花粉量がどうなるかは分かりませんが、
今から備えておくのも、検討に値することだと考えています。

(始める時期は6月から11月一杯と決まっていますのでご注意下さい。)

 

 

もう9月だというのに、いつまでこんなに暑いのでしょうか?
まだまだ体調に気を付けて厳しいシーズンを
乗り切っていかないといけないようです。
いつも言いますが、熱中症にならないよう、涼しい場所を選んで生活し、
水分を多めに取ってお過ごし下さい。


それでも少しでも、体調を崩された場合は、
来院して頂ければ一生懸命、体調回復のお手伝いをさせて頂きます。

いつでもお気軽にお越しくださいねw

 

P.S. すいません!

   今回、スイカの写真を載せてしまいました。

   時期的に少し遅いかなとは思ったのですが、

   まだまだ暑いですし、

   それに、写真がとても可愛かったので、

   どうしても載せたかったんです(^_^;

 

 

大阪市此花区 前谷耳鼻咽喉科・院長  [此花区伝法1−3−17(スーパー・マルナカ西隣)] (当院HP http://www.maetani-clinic.com/) (不許複製 著作権は当院院長にあり、ブログ記事の一部または全部のコピーはすべて禁止致します。) * 2016年夏 * 23:34 * comments(0) * - ▲page-top

今年の花粉症概観と根本的治療・・・舌下免疫療法のすすめ 1

こんばんは、院長です。

 

大変暑い日が続いていますが、皆様は夏バテなどせず

過ごされていらっしゃいますでしょうか。

 

僕は暑さに弱く、いつもこのシーズンは夏バテでヘロヘロです。

当院は今日までお盆休み。

お盆直前はやはり夏バテらしくかなり体調を崩していたのですが、

ゆっくり休んだお蔭で、また明日から頑張ることが出来そうです。

 

 

さて、今年もまたスギ、ヒノキの花粉症シーズンが終わり、
イネ科のカモガヤのシーズンも既に終わろうとしています。

今年の花粉症はどうだったのでしょうか?
恐らく例年より軽かった、あるいはほとんど症状が出なかった人が
多いのではないでしょうか?

 

昨年のブログ「今年の花粉症について」(※)でも少し書いたように、
スギを初めとする春の花粉量は、シーズン前の気温によって左右されます。
つまり、夏の気温が高い程、冬の気温が低い程花粉の産生量が多くなるのです。

翻って、昨夏の気温はどうだったでしょうか?
秋の訪れは早かったもののピーク時の気温は高く、
全体としては例年よりやや涼しいくらいでした。
また、冬の気温も例年並みに低く、
これらから予想して、今春のスギ花粉の飛散量は例年よりやや少ない位と
予想していました。

 

あとは2月と3月の気温が大事なのですが、
昨年と同じく、2月が暖かく、3月が逆に寒くなるという、
異常な逆転現象が今年も起こってしまい、
結局はほとんどスギ花粉の飛散が起こらないままシーズンが終わりました。

 

2年続けて当地(大阪市北西部)での花粉飛散量が少なかった事により、
毎年花粉症に悩まされていた方の中には、治ったのかもしれないと
思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
実際はこのように花粉の原因物質(アレルゲン)が少なかったことで
症状が出なかった方がほとんどなのです。
つまり、条件が揃って花粉の飛散量が多い年には、
また花粉症の症状が出てくるという事になります。

 

まだ夏も終わっていませんので、来年の飛散量については、
現時点で予測することは出来ませんが、
もし花粉症の根本的な治療が出来れば、毎年の花粉飛散量を
気にする必要もなくなる訳です。

 

花粉症の根本的治療とは一体どういったものでしょうか?
それにはまず、花粉症がどうして起こるのかを考える必要があります。
花粉症についてかなり理解していらっしゃる方はよく、
「私にはスギ花粉のアレルギーがある」と言われます。正確な表現です。
では、スギ花粉のアレルギーがあるとはどういう状態なのでしょうか?
アレルギーがある人がいるという事は、アレルギーがない人もいる訳で、
その違いはどこにあるのでしょうか?

 

端的に言えば、それは私たちの体とスギ花粉との相性という事になります。
スギ花粉は空気中を漂っていますから、同じ空気を吸っていれば、
等しく誰の体にも同じように入ってきます。
その際、その人の体とスギ花粉との相性が良ければ花粉症は起こりませんが、
相性が悪ければ花粉症が発症することになります。
この場合のスギ花粉のように、アレルギーを発症させる、
相性の悪い物質の事をアレルゲンといいます。

 

従来の花粉症治療は、この相性の部分には手を付けずに、
症状の発現だけを抑える薬物治療が主でした。
しかしこれは、発症の原因である、相性の問題を解決していない為、
根本的な治療ではありません。

従って、この相性の部分を解決すれば、根本的な治療が出来るという訳です。

 

 

さてここからその根本的な治療について書こうと思っていたのですが、

既にかなり長いブログとなってしまいましたので、

その根本的な治療に関しては、稿を改めて次回に書かせて頂こうと思います。

次回は出来るだけ日を置かずに書こうと思っています。

 

まだまだかなり暑い日が続きます。

どうぞ出来るだけ涼しいところを選んで過ごし、

水分を多めに取りながら、熱中症、夏バテを防いでお過ごし下さい。

それでも体調を崩された時には、

ご来院頂き、いつでもお役に立たせて頂ければ幸いです。

 

 

※「今年の花粉症について」

http://maetani-clnc.jugem.jp/manage/?mode=write&eid=9

大阪市此花区 前谷耳鼻咽喉科・院長  [此花区伝法1−3−17(スーパー・マルナカ西隣)] (当院HP http://www.maetani-clinic.com/) (不許複製 著作権は当院院長にあり、ブログ記事の一部または全部のコピーはすべて禁止致します。) * 2016年夏 * 23:55 * comments(0) * - ▲page-top


Profile

MOBILE
qrcode