<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

| COMMENT | ENTRY | CATEGORY | LINK | TRACKBACK | ARCHIVE |

<< 「すばらしい、漢方薬の世界」 | main | 超重要器官としての鼻の役割・・・鼻の再発見 >>

「医師として。人として。」・・・使命としての難病治療

 

こんばんは。
院長です。


朝晩かなり涼しくなってきましたが、
先週は一週間とても暑かったり、
今週はまた寒くなっていくというような、
なんとも落ち着かない気候で、
僕も少し風邪気味ですし、
風邪の患者さんもやはり増えているようです。

 

 

このブログでいつもは、僕が医師としての生活の中で、
これまで考えてきたこと、今も考えていることの中から、
みなさんに役立つ医療の知識を出来るだけ平易なかたちで
お伝えしてきたのですが、
今回はこのブログ自身について書いてみたいと思います。


僕がこのブログを書いてみようと思い立ったのは、
日頃、このクリニックを運営して行く中で、
僕が何を考えながら治療しているのか、
このクリニックをどういう思いで運営しているのか、
僕がどういう医師であり、人であるのか、
ということを伝えたいと思ったからです。

 

診療が暇な時に時々、患者さんとゆっくり話すことはありますが、
すべての患者さんとゆっくり話せる訳ではありませんし、
また、何を考えながら治療しているかとか、
このクリニックはどういうクリニックかなどについて、
改まって話すことは、当然ですがほとんどありません。

どうしたらそういった事を自然な形で伝えて行くことが
出来るのかと考えた末に、ブログを書くことを思いついたのです。

 

それまでは僕はブログといえば、どこに行ったとか、誰とどこで
食事をしたとかいった、個人の日記というイメージを持っていました。

実際、診療所のブログといえば、そういう院長の個人的な日記が大半です。
ただ僕自身、そんな日記的なブログは、例え好きな有名人の物であっても、
全く興味がありませんでしたので、そういうブログにすることは、
むしろ避けたいと思いました。

 

そうしたらどういうブログにするかと考えた時に、
やはり読んだ方の為になるような事を書こう、
そしてクリニックのブログですから、
内容的には医学的なテーマを選び、出来るだけ日常的なことから、
深い医学の世界へ導けるようにしよう、
それでありながら小難しく眠たくならないように、

出来るだけ専門用語を使わず、分かり易い表現を用いて、
しかもその内容はどこかのサイトからコピーしてきたようなものではなく、
ほとんどが自分の医師としての、長年の臨床生活、経験、

自分自身で考え、学んできたことから導き出してきたものであって、
このブログでしか見た事がない様なオリジナリティーに溢れた物にして、
読んだ方に満足感を持ってもらえるものにしよう。


そしてその過程で、自分の医師としての人間性、
このクリニックを運営している想い、
日頃治療しながら考えている事などを自然に伝えられるようにしよう。
このように考えて、生まれて初めてブログというものを始めたのです。

 

また文字だけでは面白くないでしょうから、
一番上に、大きな、きれいな写真を載せることにしました。
この写真はその時々の季節に合わせて、しかもブログの内容にも関連付けて、
結構時間をかけて、みなさんに楽しんで頂けるように著作権フリーの中から選んでいます。
それぞれの写真には必ず意味を持たせてあり、ここにも私の想いがありますので、
どうしてこの写真にしたのだろう?と、考える楽しみもあるかと思います。

 

こうやってオリジナルのブログを書いていると、やはり時間はかかります。

ほとんどの文章は特に何かを調べることなく、私自身の頭から考え出してくるのですが、

いつも休日の昼過ぎから始めて、少しずつ文章を紡いで行き、

出来た文章をおかしくないように何回も何回も書き直して校正して、

最終的に出来あがった文章を読みながら、それに相応しい写真を選んで、

ネット上にアップすると、いつも夜中になってしまい、

一週間に一度しかない休日がほぼ潰れてしまいます。

 

このようにして初めて書いたブログでしたが、読み返してみると、
文章って思ってたよりもずっと人間性が出るのだなあと思います。

もちろん私は、自分が聖人君子だなどと言うつもりはありませんが、
いつも目の前にいる患者さんが、少しでもよくなってくれることだけを

懸命に考えていますし、
そのために、自分に出来る範囲内で最大限の研究と工夫をしています。
そういった自分の人間性を考える時に、
ブログから受ける印象と完全に一致しているなあと思うのです。

 

こうやってもうすぐ2年に亘って書いてきたブログでしたが、
段々とそのテーマが一つの点に向かって収束されてきたことに気が付いてきました。
そしてそのテーマが、先日からお伝えしている、「難病治療」なのでした。


これは僕が意図してそうなった訳ではなく、
毎回何を書こうかと考えるうちに、自然とそうなって来たものなのです。
そしてまたこのクリニックと、私の医師としての使命も、

ここ数年で段々とこの一点に収束されて来たのでした。

 

難病治療と言っても、ほかの誰かが見つけて、
誰でもやってる治療を同じように単なる物真似のようにやるだけでは、
そんなの医師なら誰でも出来ますから、大袈裟に使命とまでは言えないと思いますし、
なによりも医学的には単に足踏みしているだけです。
やはり、これまで世界の誰にも見つけられなかった病因理論と、

それを解決するためのオリジナルな治療法を、
私自身が自分独自に発見し、確立する事が出来たことで、
だんだんと自分としても、それを医師としての使命と自覚してきたのです。

 

私の人生はこれまで、決して順風満帆なものではありませんでした。

人としてより良く生きようと考え、一人でもがき苦しみながら、

あっちで頭をぶつけ、こっちで頭をぶつけ、
いつも優しい人であろうとして、一生懸命生きてきたつもりではありましたが、

その表現が未熟だった為に、不本意な誤解を与えてしまったり、
人を助けようとして、かえってすごく傷つけてしまったり、
そのことで自分もまたひどく傷ついてしまったり、
進路も高校の頃は、人を助けることのできる仕事に就きたいと考え、

弁護士になろうか、医師になろうか、迷い続けて紆余曲折。
医師になってからも一度進んでいた外科の道を、耳鼻咽喉科に変わり、
開業してからも、開業地を移転、診療所を移設。

 

しかしいつも考えていたことは、人としてより良く生きる為には
どうしたらいいかという事。
医師として自分が進むべき道はどのようなものかという事。
人としても、医師としても、ずっと自分一人、孤独の中で考えながら、
真剣に道を探し求めてきたのです。
そうしてここにきて、そういう紆余曲折のでこぼこ道が、
やっと一点に収束されてきたことを感じています。


このようなでこぼこ道の中で、より良く生きようとして四苦八苦していなければ、
決して難病の病因理論を確定することは出来なかったし、
その為の治療法を確立することは出来なかった。
例えば一つの例を挙げるだけでも、もし外科から耳鼻咽喉科ではなく、
これが逆で、現在外科医であったとしたら、

また、耳鼻咽喉科に転科せずそのまま外科医のままであったとしたら、

そしてまた、初めから耳鼻咽喉科に入局して、そのまま耳鼻咽喉科医だったとしたら、

確立する事はおろか、気付くことも無かったでしょう。

そのほかにも、開業せず勤務医のままだったら、弁護士になってたら・・・
このように考えてみると、ほとんどつらいことばかりしかなかったけれど、

やはり、これまでの紆余曲折の苦悩の人生は無駄ではなかったし、
むしろそうする事がすべて必要だったのであって、

「最終的に私のこの使命に収束させる為の運命であった」、

という結論に行き着くのです。


これからも私は、医師として、人として、
より良く生きて行けるように努力を続け、
そしてまた、これまでの人生の収束点としてやっと掴んだ、
医師としての、人としての使命をしっかりと把握しながら、
日常の診療においても、頼りにして下さる患者さまのために、
力一杯頑張って行こうと思っています。

 


朝晩ますます寒くなっていくことと思います。
体を冷やさぬよう、みなさまご自愛ください。
そして、それでも体調を崩された場合は、
それがどんなに軽微なものであっても、
懸命に治療させて頂きますので、
いつでも気軽にお越し下さいますようお願い申し上げます。

 

 

 

※「私がいかにして、この疾患の原因を究明し、治療法の確立に至ったか」

 (当ブログ「季節の中で」より)
 

 皮膚疾患と耳鼻咽喉科・・・(掌蹠膿疱症(性骨関節炎)、IgA腎症、

 アトピー性皮膚炎について)

   http://maetani-clnc.jugem.jp/?eid=13

 

※実際の当院治療症例 (当ブログ「季節の中で」より)
 (中部地方から来られた患者様を2か月で完治させた症例)

 

 「あなたの難病は僕が治す!」 1(掌蹠膿疱症)

 http://maetani-clnc.jugem.jp/?eid=21

 

 

※当院の掌蹠膿疱症専門サイト(治療症例・写真呈示)

 

 「あなたの難病はわたしが治す!」

 https://maetani-clinic-shosekinouhou.jimdo.com/

 (症例写真がありますので、是非ご覧下さい。)

 

 

(今回のブログには、患者様から頂いたコメントがあります。)

 

 

大阪市此花区 前谷耳鼻咽喉科・院長  [此花区伝法1−3−17(スーパー・マルナカ西隣)] (当院HP http://www.maetani-clinic.com/) (不許複製 著作権は当院院長にあり、ブログ記事の一部または全部のコピーはすべて禁止致します。) * 2016年秋 * 02:40 * comments(5) * - ▲page-top

メッセージありがとう

お疲れ様です!

折居です

丁寧なお返事ありがとうございます。

相談させていただいた方の病気が治るよう
祈るばかりです。

先週の治療の際に先生と意見が一致したのは、もし尋常性乾癬が治れば、先生の治療方で治せる症例が一つ増え、この病気で悩んでいる方々を救うことができるということですよね。
そうなれば、私が掌蹠膿疱症になった意味もありますし、誰かの役に立てることは本当に嬉しいことです。
そして何よりも、先生に出会えたことに感謝です!

まずは、自分の病気を完治させ、再発しないよう、ダメ押しの治療を頑張ります!
今後ともよろしくお願いいたします。
Comment by hiroe orii @ 2017/01/28 2:22 PM
折居様

院長です。

いつも、遥か彼方の九州から、
数万軒の医療機関をすっ飛ばして、
毎週、大阪の私のクリニックに通院して頂き、
本当に有り難うございます。

今年の年頭の挨拶にも書きました通り、
日本中の方が私の治療を求めて来院されるのが、
医師になった当初からの目標でしたので、
本当に医者冥利に尽きると喜んでいます。

ただ、もちろん、そうやって遠くから来られた
患者さんに対するプレッシャーも半端ではなく、
どうなるものかと案じていましたが、
2か月掛かって少しずつ確実に治していくことが出来、
先日の診察では両手の皮膚は100%きれいになりましたし、
指の関節の曲げ伸ばしも左は100%、右も90%、
良くなっていましたので、私も本当にほっとしています。

折居さんの表情も、通院3回目までは難しい顔をされていて、
まだ恐らく不安があったのだと思いますが、
4回目からはだんだん明るくなって、
ここ最近はニコニコされているのが、とても印象的です。

数年間、大学病院を含めた医療機関を8軒も廻られて
全く治らなかった掌蹠膿疱症という難病が、
私の治療で2か月でほぼ完璧に治せたのですから、
折居さんにわざわざ九州から通って頂いた苦労に
報いることが出来て私も嬉しく思っています。


さて、先日ご相談頂いた尋常性乾癬の方ですが、
これもやはり、皮膚科の特定疾患に指定されており、
難病と言っていいかと思います。
私が予想している、この疾患の発病機序、
皮膚への発症様式から、
私も以前から、私の治療法で治せるのではないかと、
推測はしていたのですが、
如何せん、皮膚科以外ではまず目にすることのない
疾患ですので、
実際に患者さんを診察したことはなく、
推論の域を出ることはないのでした。
従って、治療経験はもちろんなく、
またこの方は30年間も患っておられ、
皮膚科での治療は無効とのこと。
写真を見せて頂きましたが、症状は全身性で
かなり激しいようなので、
いつも以上にダメ元を覚悟していて欲しいのですが、
もし来院されましたら、私の出来る限りの治療を
させて頂きますので、
どうぞよろしくお伝えください。


本当に折居さんのお役にたてて良かったと思っています。
これからの治療では、
せっかくここまで良くなったのですから、
再発を防ぐためにダメ押しをして行かなければなりません。
通院間隔は徐々に、出来るだけ空けて行くようにはしますが、
この難病ではダメ押しの治療もとても大事です。

このにっくき難病を退治するために、
これからも一緒に頑張っていきましょう!

Comment by 院長 @ 2017/01/28 3:02 AM
いつもお世話になっております。
福岡の折居です。

前谷先生のところへ通院するようになって約2か月
本当に治るんだ・・・・と改めて実感しております。

最近私の治っていく姿をみて、友人の知人が「尋常性乾癬」という病気で30年間苦しんでいると相談がありました。

私の掌蹠膿疱症も皮膚科で乾癬を併発しているのではと言われたこともあるため、「尋常性乾癬」も治るのではと思っています。

今週末またお伺いしたときに写真等をみていただきたいと思っています。
Comment by hiroe orii @ 2017/01/17 12:55 PM
KAZUKO様

院長です。

ブログを読んで頂き、
また、コメントして頂き有り難うございました。

そしてまた、いつもご来院頂き有り難うございます。

KAZUKO様は今年初めに鼻とのどの不調を訴えて来院されたのでしたが、
その時、深刻な心臓疾患も抱えていらっしゃることを知り、
掌蹠膿疱症ではありませんが、私の「アイドックス療法」を応用することで心臓疾患も改善できると思い、同時に治療して来ました。

その結果、きちんと通院して頂いたこともあって、
鼻とのどはもちろんのこと、
短期間の内に、循環器の先生がビックリされるほど心臓がよくなり、非常に乱れていた血液データの数値も完璧に正常化したとの事。

お役にたつことが出来て、本当に良かったです(^^)

これからも、出来るだけのことをさせて頂きますので、
こちらこそ、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Comment by 院長 @ 2016/11/20 5:05 PM
お疲れ様です。

襟を正してブログ拝見させていただきました。

お休みの日を潰してまでブログ書いていただいて
ありがたいですが 患者としては 先生のお体の方が
心配です。

治療をして頂いたら直ぐに良くなりますが
なかなか 行けなくて 一ヶ月ほど 間を
開けた時 大変なことになってしまって((+_+))

先生には 私の寿命が尽きるまで
お世話になるつもりですので

 お体お大事にして 病院が休み!
なんてことにならないように
ブログに 命かけないように
お願いします。

Comment by KAZUKO @ 2016/11/02 5:01 AM
メッセージ












Profile

MOBILE
qrcode